【店舗オーナー必見】売上UPにつながる!?ゴーストレストランのメリット・デメリット

新たに店舗を借りずに現在の状況でさらに売上をあげたい方必見の記事になっていますのでぜひご覧くださいませ。

飲食店の売上をさらに伸ばすための施策のひとつであるゴーストレストランについて、そのメリットとデメリットを詳しく解説します。ゴーストレストランは、実店舗を持たずにデリバリーに特化した形態で、低コストで始めることができ、需要の高まりを受けて注目を集めています。

目次

ゴーストレストランとは

ゴーストレストランは実店舗を持たず、主にデリバリーサービスに特化した新しい形態の飲食店です。低コストで開業可能です。オンラインでの注文とデリバリーサービスを中心に展開しています。

また、ゴーストレストランが「ゴースト(ghost)」と呼ばれるのは、実店舗を持たずに存在し、従来の飲食店とは異なり、物理的な場所が見当たらないことからきています。つまり、通常の店舗があるかのようには見えない、まるで幽霊のような存在とされているためです。

ゴーストレストランのメリット

低コストでの開業が可能

ゴーストレストランは実店舗を持たないため、賃貸料や内装、店内スタッフの経費が削減できます。これにより、初期投資が大幅に軽減され、低コストで事業を始めることが可能です。

人件費の最適化

ゴーストレストランはデリバリーに特化しているため、広大なダイニングスペースや客席などの不要なスペースを持たないことが一般的です。これにより、人件費や店内運営に関連するコストを大幅に削減でき、運営コストが抑えられます。

ゴーストレストランのデメリット

実態があまり知られていない課題

ゴーストレストランは新しいビジネスモデルであり、一般の消費者や地域社会においてまだ認知度が低い場合があります。これにより、信頼感の不足や理解不足から顧客獲得が難しくなります。また、実際の料理やサービスの品質が分からないことから、初めて利用する際のハードルが高まることがあります。

競争の激化と差別化の難しさ

ゴーストレストランの急速な普及に伴い、市場は競争が激化しています。多くのレストランが同じデリバリー市場に参入し、似たような料理を提供することが一般的です。このため、差別化が難しくなり、独自性を打ち出すことが求められます。競合他社との差別化が不十分な場合、価格競争に巻き込まれる可能性もあります。

 顧客との直接的なコミュニケーションが難しい点

ゴーストレストランは通常、デリバリーサービスを主軸に据えています。そのため、実際の店舗やダイニングスペースがないため、顧客との直接的な対話やコミュニケーションが難しいです。食事体験やサービスに関するフィードバックを直接受け取りづらく、顧客の要望や好みに柔軟に対応することが難しい側面があります。これにより、顧客満足度の向上が課題となることがあります。

これらのデメリットを克服するためには、積極的なマーケティングと宣伝オンラインでの詳細な情報提供顧客とのオンライン上でのコミュニケーションの充実などが重要となります。

ゴーストレストランの開業方法

飲食店営業許可の取得

ゴーストレストランを開業するには、まず地方自治体や保健所からの営業許可が必要です。これには営業場所の確定、衛生基準の遵守、火災安全の対策などが含まれます。許可手続きは各自治体で異なるため、所在地の自治体のガイドラインに従い、必要な書類を提出して許可を取得する必要があります。

食品衛生責任者の資格

食品の提供には、食品衛生に関する法令を遵守する必要があります。そのため、ゴーストレストランでは食品衛生に詳しい「食品衛生責任者」を配置することが求められます。食品衛生責任者は、食品衛生に関する講習を受け、試験に合格することで資格を取得します。彼らは食品の取り扱いや保管、調理の安全性を確保し、衛生管理に責任を持つ役割を果たします。

デリバリーサービスとの提携

ゴーストレストランは主にデリバリーサービスに依存するため、信頼性のあるデリバリーパートナーとの提携が重要です。主要なデリバリーサービス(Uber Eats、出前館、Woltなど)と契約し、適切な条件で配達サービスを提供することで、お客様へのスムーズなサービスを確保します。提携する前に各デリバリーサービスの契約条件や手数料、配達エリアなどをよく確認することが大切です。

おすすめのゴーストレストランメニュー

デリバリーサービスとの提携をすることが大切になってくるのでテイクアウト専門店の人気メニューをこちらの記事でも紹介しているのでよろしければご覧ください。一番大切なのは冷めても美味しいこと。です。

記事内に記載が無いのはヘルシーなボウル料理(丼ぶりなど)です。具体的には ご飯や麺、新鮮な野菜と具材が組み合わさったボウル料理は、栄養満点で見た目も美しいため、デリバリーで人気があります。

特に人気があるのはヘルシーボウルです。ヘルシーボールとはサラダやグリーンをベースに、さまざまなヘルシーなトッピングやドレッシングを組み合わせたものです。健康志向のお客様に喜ばれます。

あわせて読みたい
テイクアウト専門店を開業したい方必見!メリット・デメリットや成功させる秘訣は? テイクアウト専門店を開業することは通常の店舗をオープンするより初期費用を抑えて出店できます。近年では、Uber eatsなどのデリバリーサービスの普及や共働き世帯の増...

まとめ

デリバリーで売れ筋の商品を扱うことが売上アップの一番の近道です。また、今現在、どのような商品が売れ筋なのかなどのリサーチを徹底することが必要です。新たに店舗を借りずに売上UPするにはゴーストレストランが適していると思います。ぜひ調べてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

弊社ではUberEatsの一次代理店として、デリバリーサービスの加盟サポートを無料で行っております

オーナー

売上をもっと上げるためにすぐに出来る改善点はない?

オーナー

アルバイトが辞めてしまって、マーケティングに手が回らない…

みなさん、こういったお問い合わせが非常に多いです!ご安心ください。年間300店舗以上の飲食店オーナー様のサポートをさせていただいているRebozuがフードデリバリーの加盟サポート、店舗のホームページ作成や、MEO運用サポート、Instagramコンサルなど、店舗のマーケティングのご支援を承ります。

相談無料で承っておりますので、下記のフォームからお問い合わせください!

この記事を書いた人

日本に30社しかないUber Eats一次代理店としてUber Eats導入の無料コンサルティングを行っています。月間60店舗以上の飲食店様にご利用いただいております。

目次