田舎で儲かるスモールビジネスはあるの?おすすめの業種10選!

「田舎での生活」に新しい価値を見い出した方必見です。騒がしい都会から離れて、自然がいっぱいの場所で快適に生活することが、実は大きなビジネスのチャンスになることもあります。
特に今、リモートワークが広まっているため、田舎で新しいビジネスを始める人が増えています。今回は、田舎でビジネスするメリットやデメリット、そして田舎で儲かるビジネスの中から10個を説明していきます。

目次

田舎でビジネスをするメリットは?

低い生活費と事業運営コスト

田舎の方が都市に比べて生活費や不動産価格が低いため、事業の運営コストを抑えることができます。
それにより家賃などの固定費が下がります。また、コミュニティが強く結束しています。

口コミなどが大事になり、広告費を削減できる可能性があります。低い生活費や運営コストを活かし、オンラインビジネスを展開することで地域を超えた広い市場にアクセスできます。

競争の少なさ

都市部に比べて競争が少ないです。新しいアイデアやサービスが市場で注目を集めることができます。
都市部で流行ったものが遅れて流行することが多いので都市部で流行ったものをいち早く取り入れると競争に勝ちやすくなります。競争が少ない状況なので、特定のニーズや要望に焦点を当てた商品やサービスを提供しやすいです。

自然との調和

田舎の美しい自然環境は、リラックスした雰囲気があります。
これは生活環境だけでなく、ビジネスの場においても創造性を高め、ストレス軽減になります。
また、地元の環境保護活動や地域社会との協力がしやすい状況を生み出します。
共に自然を守り、地域社会への貢献が期待されます。

田舎でビジネスするデメリット

人口減少と市場の縮小

田舎地域では人口減少が進んでいることがあり、その結果として市場が縮小してしまう可能性があります。需要が限られているため、事業の成長が難しい場合があります。

労働力の確保の難しさ

一部の田舎地域では若者の流出が進んでおり、質の高い労働力の確保が難しい場合があります。
人口減少に困っている場所が多いため、労働力に困ることが多いです。

田舎で儲かる業種10選

飲食/ゴーストレストラン

田舎地域では物件賃料が都市部に比べて低いため、仮想レストランを運営するコストが抑えられます。
また、従業員の給与水準も低いことがあります。
田舎地域では飲食店までの距離が遠く、デリバリーサービスの需要が高まっています。
ゴーストレストランはデリバリー専門の形態であり、この需要に対応しやすいです。

農業・畜産業

農業や畜産業は地域経済に直接的な貢献をします。雇用の提供や生産物の販売により、地元の経済を活性化させることが期待されます。田舎での農業体験や農村観光が人気を集めることがあります。

観光業

田舎地域は美しい自然環境や風景が広がっていることが多く、
その魅力を生かして観光需要を引き寄せることができます。山岳地帯、海辺、農村風景など、独自の自然体験ができる場所が多いです。

宿泊施設運営

田舎地域は美しい自然環境や観光地が多く存在します。
その自然の魅力を生かした宿泊施設は観光客の需要を引き寄せることができ、シーズンごとの集客が期待できます。

IT・オンラインビジネス

オンラインビジネスでは働き方が柔軟で、リモートワークやフレキシブルな労働条件が実現できます。
これが地域住民にとって働きやすい環境を提供します。

自然体験・アウトドア活動

アウトドア活動や自然体験は健康促進に寄与します。
訪れる人々が自然の中でリラックスし、ストレスから解放される場として利用されます。

フリーランスのライター・編集者

田舎の美しい自然環境が、創造的な仕事においてインスピレーションを提供します。
自然の中で新しいアイディアを生み出しやすくなります。

キャンプ場やレジャー施設の運営

キャンプ場やレジャー施設は家族や友人同士の集まりに適しています。
グループでの利用が増えることで、一度の利用で多くの観光客を受け入れることができます。

地域の美容室や理容室

田舎の小さなコミュニティでは、地元の美容室が住民との密接な関係を築くことができます。
お客様との信頼関係が強まり、リピート率が高まります。

音楽教室の開設

田舎の音楽教室は都市部に比べて生徒数が少ないことがあり、個別指導の機会が増えます。
これが生徒の進歩を効果的にサポートすることにつながります。

地元の特産品の輸出入業

地元の特産品を国内外に広く知らせることで、地域ブランドの認知度が向上します。
良質な特産品が海外市場で評価されることで、地域の信頼性や品質が高まります。

まとめ

田舎で儲かるスモールビジネスは数多く存在し、地域特性を活かした事業が成功の鍵となります。
田舎ならではの自然やコミュニティの魅力を活かし、
地域との調和を大切にしたビジネスが成功する可能性が高まります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

弊社ではUberEatsの一次代理店として、デリバリーサービスの加盟サポートを無料で行っております

オーナー

売上をもっと上げるためにすぐに出来る改善点はない?

オーナー

アルバイトが辞めてしまって、マーケティングに手が回らない…

みなさん、こういったお問い合わせが非常に多いです!ご安心ください。年間300店舗以上の飲食店オーナー様のサポートをさせていただいているRebozuがフードデリバリーの加盟サポート、店舗のホームページ作成や、MEO運用サポート、Instagramコンサルなど、店舗のマーケティングのご支援を承ります。

相談無料で承っておりますので、下記のフォームからお問い合わせください!

この記事を書いた人

日本に30社しかないUber Eats一次代理店としてUber Eats導入の無料コンサルティングを行っています。月間60店舗以上の飲食店様にご利用いただいております。

目次